テコンドーの受け技

テコンドーには、様々な防御的な受けの技がある。ここでは、最も基本的な技を幾つか紹介する。受けの技は、腕の最も固い部分を使うのが一般的である。これらの全てのテクニックにおけるパワーは、肩からではなく、腰(お尻の筋肉)のパワーからであることは、必ず覚えておくべきである。受け技のとき、このパワーを上手に使うことで、全身の底から出る力を利用することになるからである

受け技を選び
写真をクリックすると大きい写真が新しいウインドーで見られる。





内側中段受け
(モムトン アン マッキ)

腕を耳位の高さまで持ち上げ、その腕を体の前に向かって、まっすぐ振りながら、胸の中心まで持ってきて止める。最後に手首をひねる。片っぽの腕は、腰まで引き戻す。
応用:ストレートパンチを受けるとき、効果的に使える。

ムービー





外側中段受け
(モムトン バカッマッキ)
腕を反対側の耳位の高さまで持ち上げ、その腕を体の前に向かって、まっすぐ振りながら、反対側の肩まで持ってきて止める。最後に手首をひねる。片っぽの腕は、腰まで引き戻す。
応用:フックパンチを受けるとき、効果的に使える。

ムービー




上段受け
(オルグル マッキ)

腕を、反対側の腰から体の前に向かって、クロスさせながら持ち上げる。その腕を、頭よりやや前方に向かったところで止める。最後に手首をひねる。片っぽの腕は、腰まで引き戻す。
応用:顔に向かって降りてくるパンチを受けるとき、効果的に使える。


ムービー





下段受け
(アレ マッキ)

反対側の耳まで持ち上げた腕を、体の前をクロスさせながら振り下ろして、膝の上の高さで止める。最後に手首をひねる。片っぽの腕は、腰まで引き戻す。
応用:蹴りを受けるとき、効果的に使える。

ムービー





手掌受け
(パタン ソン マッキ)

腕を腰から体の前に向かって持ち上げ、まっすぐ振りながら、胸の中心まで持ってきて止める。受けのときは、手のひらの低い部分であてる。最後に手首をひねる。片っぽの腕は、腰まで引き戻す。
応用:近い距離からのストレートパンチを受けるとき、効果的に使える。

ムービー





十字受け
(オッカリョ マッキ)

腰から持ってきた両腕を、体の真ん中から頭のやや前方に向かってクロスさせながら、十字形を作って止める。その際、拳を握る手の最も固い部分が上に来るようにする。この受けは、上段と下段両方で利用出来る。
応用:顔に向かって降りてくるパンチ(上段十字受けを使う)受けるときや、蹴り(下段十字受けを使う)を受けるとき、効果的に使える。

ムービー





ダブル手刀受け
(ダブル ソンナル マッキ)

これは、ダブル受けを応用した形。両腕を揃えて、片っぽの肩の一直線後ろに真っ直ぐ延ばした形から始める。その両腕を、真っ直ぐ体の前をクロスさせる。受けの腕は、外側受けの形とし、肩のやや外側手前に止める。もう片っぽの腕は、胸から若干離して真ん前に止める。
応用:ストレートパンチとフックパンチを受けるとき、効果的に使える。

ムービー



TOP