日本でのテコンドートレーニング


テコンドーの師範もトレーニングが必要である。黒帯になっても、師範になっても、自分の道場を創立しても、まだまだ新しい経験が見つけられるし他の師範から勉強もできる。そのためにフェニックス師範のクリス・ピアーソンは日本にすんでいた間、自分のクラスを教える内、他の2つの道場を通っていた。灼く9ヶ月間浅草の道場で(週2回、電車で2時間半かかり、4回乗り帰り)韓国人の先生から教えて貰った。そして、その師範が母国に帰って新しい新百合ケ丘にある道場で練習し始まった。新百合ケ丘の道場は雰囲気もいいし、師範が笑いながら教えている。

このしたには、クリス師範がそこで練習していた間記念写真がある。
(写真をクリックすると、大きい写真が見られます)


The class at Shinyurigaoka Kicking practice
新百合ケ丘の道場
蹴りの練習
Footwork practice Instructors practicing together
フットワークは大事
師範達の練習
Engalnd and Japan meet Body armour practice
日英テコンドー
試合の練習

TOP